【CentOS7】ソースコードからGitをインストールする

2017年3月15日CentOS, GitCentOS7, Git, systemconfigCentOS, Git, systemconfig

Gitをソースコードからコンパイルしてインストールします。

依存ライブラリをインストールします。

yum install perl-ExtUtils-MakeMaker


Gitのソースコード取得・解凍します。

wget https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.12.0.tar.gz
tar xvfz git-2.12.0.tar.gz
cd ./git-2.12.0

コンパイルします。

./configure --prefix=/usr/local/git
make all -j 3
make install

Gitのオプションファイルを作成します。

mkdir /usr/local/git/conf
view /usr/local/git/conf/git-daemon

GITDAEMON_OPTS="--base-path=/usr/local/gitrep/ --reuseaddr --enable=receive-pack --syslog --verbose"
GIT_USER="nginx"
GIT_GROUP="nginx"

Gitのソケットユニットを作成します。

view /usr/lib/systemd/system/git-daemon.socket

[Unit]
Description=Git Activation Socket

[Socket]
ListenStream=9418
Accept=true

[Install]
WantedBy=sockets.target

Gitのサービスユニットを作成します。

view /usr/lib/systemd/system/[email protected]

[Unit]
Description=Git Repositories Server Daemon
Documentation=man:git-daemon(1)

[Service]
User=nginx
Group=nginx
EnvironmentFile=/usr/local/git/conf/git-daemon
# Ignore non-zero exit status, access error makes git-daemon return them
ExecStart=-/usr/local/git/libexec/git-core/git-daemon --inetd $GITDAEMON_OPTS
StandardInput=socket
StandardOutput=inherit
StandardError=journal

Gitのソケットユニットを有効にします。同時に自動起動の設定をします。

systemctl enable git-daemon.socket
systemctl start git-daemon.socket

.bash_profileにGitのパス等を設定します。

# .bash_profile

# Get the aliases and functions
if [ -f ~/.bashrc ]; then
        . ~/.bashrc
fi

# User specific environment and startup programs

export LANG=ja_JP.UTF-8

PATH=$PATH:$HOME/bin

export PATH
export GIT=/usr/local/git
export PATH=$GIT/bin:$GIT/libexec/git-core:$PATH

ここまで読んで頂きありがとうございます。
現在、ランキング参加中です。良ければランキングボタンをクリック願います。
↓↓↓↓↓↓↓↓

オープンソースランキング

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ オープンソースへ
にほんブログ村

CentOS, GitCentOS7, Git, systemconfig

Posted by tsuka